派遣先との面談

こんにちは。
ふくここです。

派遣では、派遣先と会う際は「顔合わせ」と呼ぶことが多いです。
これは、実質の採用面接の事ですが、直接雇用と違う点が1点だけあります。
それは、派遣会社の担当営業者が同行してくれることです。
面談も、一緒に受ける事が多いので、心強いです。

「顔合わせ」は、ほとんどはその営業が仕切ってくれます。
順番として、まず最初に自己紹介。
なぜなら、派遣先企業に提出している「スキルシート」には、
個人情報を載せることが出来ないため、先方はこちらの名前も知りません。

また、職務経歴書や、登録の際にヒヤリングされた内容を元に、派遣先へ提出する「スキルシート」にも、実際に努めた企業名などは伏せてあります。
(業界や業種のみ)

この「スキルシート」は、顔合わせをする直前に、派遣営業と確認をします。
つまり、この時まで、どのような内容で自分を紹介されたのかはわかりません(笑)
通常は、派遣先との顔合わせ時間の20分くらい前に、派遣営業と待ち合わせをして、軽く打ち合わせをします。
間違いがあった場合は、この時に申し出るしかないのですが、派遣先へはすでに提出されています。
(ちなみに、派遣営業とも、この時初めて顔を合わせます)

この軽い打ち合わせで、派遣先担当者の特徴なども教えてもらえるので、
面接に緊張しがちな方は、ちょっと安心ですね。
そして、より良い印象を与えるための作戦も考えます(笑)
(答えに困るような質問が出た時は、どんな感じで答えるべきか・・・とか)

また、先ほど、実際に努めた企業名は伝えられていないとのことでしたが、
採用に結びつくメリットがあると思う場合は、顔合わせの際に、自分から言っても大丈夫ですよ。
そして、この顔合わせ。
何十回やってきたか、もはやわからない私が統計すると、2つのパターンに分かれます。

その1
派遣先企業の方が積極的に話すパターン。

どういうことかというと、企業全体の組織系や、所属する部署についての事。業務内容の説明など。
まあ、ちょっと「自慢話」もありますが(笑)
この場合は、ニコニコと聞いていればいいと思います。
自分のスキルをアピールしたいところですが、相手が話しているのであればひたすら聞くしかありません。
すこしアピール不足だったかな・・・と思うこともありますが。

その2
こちらからの話の内容にたいして、突っ込みをいれてくるパターン。

このパターンは、典型的な採用面接だと思います。
まず、自分のこれまでのキャリアやスキルを説明。
その後、簡単な業務内容の紹介などがあり、その後、質問されます。
具体的には「具体的にどのような事をされたんですか?」って感じです(笑)
これが、自信をもっているスキルについてだったら、ここぞとばかりにアピールしましょう!
もし、ちょっと苦手だったり、できるけど嫌いな事だったとしても、
それをどのようにして乗り越えたか、工夫して来たかなどをアピールして下さい。
事前に、派遣営業にヘルプしてもらえるよう、頼んでおくのもいいと思います。

そして、最後にポイントですが・・・

終始、笑顔で対応する事。

先方は2〜3名の場合が多く、たいていスキルシートに目を通していることが多いので、
全く目が合わない事もあります(笑)
しかし、そんな状況でも、笑顔で話しましょう。
忙し中、さらに、他の候補者とも面談をしている場合もあり、
こちら側が初めてでも、向こう側は同じことを何度もやっています。
なので、少々「面倒くささ」が雰囲気的に出ていると感じることもありますが、
めげずに対応しましょう。

それから、終了する時には「お忙しい中、ありがとうございました」とお礼を言って下さい。
派遣営業が言うこともありますが、自ら進んで言ってみてください。
これ、言われて嫌な思いをする人っていないと思いませんか?
結構、ポイントになると思います。(常識といえば常識ですが)

さて、どうにかこうにか「顔合わせ」が終わりました。
その後の流れは、次回に。

では、また。

スポンサーリンク
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大