はじめての派遣。気になる職場の人間関係①

こんにちは
ふくここです。

これから、派遣社員として働いてみたいけど、
でも、なんだかちょっと不安だな・・・

こんな状況の方、その気持ち、すごく分かります。
何しろ、私も初めての時はドキドキでしたから。

そして、今よりもっと「派遣」が盛んだった時代、
派遣社員に対する「イジメ」もあったんですよ。

ニュースやドラマになったりと、ちょっとだけ社会現象になりましたよね。
そんな時代より、景気状況は変わりなくとも、
派遣事情は変化したと思っています。

2008年のリーマンショック以降、派遣法が変わりました。
どんなふうに変ったのかは、労働派遣法で調べればすぐに分かります。
ふくここ的に分析すると、派遣社員の「人権」がある程度守られる様になったというところです。

ある程度というのは、それによりデメリットもあるからです。
この辺の話は、またおいおいする事にして・・・

派遣社員として働く上で、ふくここが長年心得ている事が1つあります。
それは、「派遣社員は備品と同じである」

えぇーっ!

っと驚いた方、すみません・・・
これには、深ーい意味がちゃんとあります。

まず、正規雇用と派遣雇用の違いについて。

正規雇用、つまり「正社員」は、会社の『資産』です。
一方、派遣社員のように非正規雇用は『経費』扱いなんですね。
言い換えれば、ボールペンと一緒(笑)
もっと平たく言えば「使い捨てOK」!!!

このボールペン、使いづらいなって思ったら、
別のメーカーのボールペンに変えますよね?
派遣もそんな感じです。
それが「人間関係」に影響するのか・・・
それは、その時々なんですよね。

では、なぜ私が「派遣社員は備品と同じである」という信条を持っているのか。
それは、派遣先の方との立場の違いを意識し、
必要以上の馴れ合い、必要以上の期待を抱かないようにするためです。

派遣はあくまでも「契約」で仕事をします。
「契約」とは業務内容は勿論ですが、期間も限定されています。
その契約期間がずっと更新されるとは限りません。

ある日「次の契約更新はありません」と言われれば、それで終わります。
どれだけ頑張っても、どれだけ職場の方々と仲良くなっても、
契約期間が満了になれば、去らなければなりません。

もし、過度に慣れ親しんでいたら・・・悲しいですよね。
もし、過度に期待(正規雇用への切り替えなど)していたら・・・ショックですよね。

実際に、私はこの屈辱・・・というか、状況を味わった事があります。
(今となれば、良い経験だったと思いますが)

酷な言い方ですが、「派遣社員」はあくまでも「派遣社員」でしかないんです。
職場の方々と仲良くならない方がいい・・・と言っている訳ではありません。
どんなに仲良くなっても、いつか自分が去る日が来る。という事を、
先に自分で納得しておくと、ショックの度合いが軽減するかもよ・・・と言う事です。

勿論、正社員だろうが派遣社員だろうが、お互い「人間」なので、
会社や立場関係なく、生涯の友になれる事もあります。
(釣りバカ日誌のように・・・w)

実際に、私は前職場の方々と、今も仲良くしています。
元派遣社員という私ではなく、『ふくここ』個人としてつき合ってくれています。
しかし、退職後もこうして変わらずつき合ってくれるのも、
在籍中に、私が気持ち的に「自分は派遣社員なんだ」という事を常に意識して、
正社員の方々をきちんとよいしょ立てていたからだと思います(笑)

プライベートでどれだけ仲良くなっても、
職場では立場の違いにメリハリ付けて、正社員の方に敬意を払いましょう。

なんて偉そうに言っておりますが、
こんなふうに思うようなったのも、私自身の失敗から学んで来た事なのです。

そのエピソードは次回にするとします。
では、また。

スポンサーリンク
レタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レタングル大