苦手な人との付き合い方

幸せに生きる道

こんにちは。

ふくここです。

 

仕事にしろ、プライベートにしろ、

必ず誰かと関わりを持つのが人生。

 

大人になるにつれて、その度合いが増える人も、

減る人にも、共通の問題が「人間関係」。

 

今日は、私なりの「苦手な人との付き合い方」をご紹介します。

参考になれば幸いです・・・

 

まず、大前提としていつも心得ているのは、

「自分の判断」に従う事!

 

噂とか、外見だけで判断しないようにしています。

「誰か」にとっては嫌な人かもしれないけれど、

自分にとっては害のない人もいたりするので。

 

どちらかというと、こういった噂を持ちかけてくる人。

その方の方が「苦手な人」ですね。

だいたい、この手のタイプの人は、

何かしら「ネタ」を引き出そうと、

根掘り葉掘り聞いてくる事が多いです。

 

と、こんな感じで「ちょっと苦手〜」

と思い始めたら、まずは、あまり近づかないようにします。

 

できれば、関わらない。

これが一番ですね。

 

と言うと、ほとんどの方は、

「それができないから困ってる」と言います。

 

そんな時はどうするか・・・。

 

私は、最低限のコミュニケーションしかとりません。

その代表が「挨拶」です。

 

職場の人でも、近所の人でも、

気持ちの良い「挨拶」だけはします。

 

この”気持ちの良い”はすごく重要です。

これは、相手に対してではなく、

自分に対してです!

 

前回も書きましたが、常に自分が気分良くいる事。

”気持ちの良い”挨拶をすると、自分も気分良くなります。

そして、言われた相手もそうなります。

 

ガン無視されても、”気持ち良い”挨拶をしてると、

「ま、いっか。自分は気分いいからね〜」と思えます。

 

ほとんどの方が悩む「人間関係」には、

相手がどうこう・・・というより、

「自分が」という気持ちの方が強いんですね。

 

どう言う事かというと、

「いい人に見られたい」という願望があるんです。

 

でも、超苦手な人に「いい人」と思われて、

つきまとわれても嫌ですよね(笑)

 

それに、挨拶ができていると、

「嫌な人」と思われる事はあまりありません。

自分に対して、いつもにこやかに挨拶してくれる人を思い浮かべてみてください。

その方に対して悪い印象を持ちますか?

 

何かしらの下心があるかもしれませんけど、

可もなく不可もなく、特に悪い印象も受けませんよね。

 

「苦手な人」「嫌いな人」が近くにいると、

どうしても、その人のペースに巻き込まれそうになります。

その結果、自分が嫌な気分になるようなら、

やはり、近づかない。関わらない。

聞こえてくる話は全部スルーする。

 

これは、ある程度の訓練が必要ですが、

今日という1日は、誰のためにあるのか?

「自分」のためですよね。

 

と言いながらも、先ほど・・・

ちょっと気分が萎える電話がありました。

気持ちの良い返事ができませんでした・・・

 

いかん!いかん!

私もこんな感じで、日々訓練なのです!

 

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました