派遣社員と在宅勤務

日記

こんにちは。

ふくここです。

実は、3月に入ってから、ほぼ「在宅勤務」をしています。

今回は、派遣社員が在宅勤務を行った時に感じたことを書きたいと思います。

 

派遣社員でも在宅勤務OK?

まず、なぜ派遣社員なのに「在宅勤務」をしているか・・・について簡単にご説明します。

在宅勤務(リモートワーク・レテワーク)を行なっている企業でも、派遣社員にはその権限がないことが一般的だと思います。

現に、今までの派遣先企業はそうでした。

そして、現在の派遣先も例外ではなく「派遣社員は在宅勤務不可」でした。

 

グローバルからそのような通達が出た時、チームディレクターから呼び出しがありました。

現チームの派遣社員は、私含めて2名です。

ディレクターから「在宅勤務や、時差通勤とか、やりたい?」と質問を受け、もう1名の派遣社員は「全く考えていない」と答えました。

私は「やれるなら、やりたい」と答えました。

なぜなら、私は高齢の両親と一緒に生活しているため(つまり実家です)、私がコロナに感染したら両親が危ないと思ったからです。

 

それを聞いたディレクターは、ひとまず時差出勤はOKを出して下さり、在宅勤務については人事と相談するとおっしゃってくれました。

 

突然のオフィスクローズ

結局、人事も「各セクションのディレクターに任せる」ということで、私のチームは在宅勤務OKとなりました。

それでも、できる限りは出社する方向でいたのですが(出社しなければできない業務はありませんけど)万が一の時に備え、パソコンのセッティングはやってもらったのです。

そして、その日の夜でした。

マネージャーからのLINEにて、オフィスクローズになった連絡を受けました。

どやら、怪しい方が出てしまったようです。

最終的に、コロナではなかったということですが、この危機感に直面してから「基本は在宅勤務」となり、それは、パート・アルバイト・派遣社員も含めるという文言が加わりました。

やはり、実際に危機に直面しないと、正社員以外が在宅勤務になるのは難しいのでしょうね・・・。

 

在宅勤務のメリット・デメリット

”必要不可欠な用事がない限り、出社する事を禁止します。出社した場合は、体温検査を必ず受けて下さい。また、パソコンは毎日自宅へ持ち帰って下さい”

このような厳戒態勢が3月上旬からずっと続いています。

私も、3月に出社したのはたったの3日だけとなりました・・・

 

10年以上派遣社員をやってきて、初の「在宅勤務」を経験しましたが、イメージしていたものとは少し違いがありました。

そこで、私が感じたメリット・デメリットをご紹介します。

<メリット>
・通勤時間がないので、時間が増える。有効に使える。
・好きなおやつが食べられる(笑)
・意外と集中して作業できる

自宅にセキュリティーがしっかりしたネット環境があることが前提ですが、とにかく時間が増えました。

出歩く必要がないので、品薄のマスクも減ることはなく、すっぴんでも問題なく業務できます。

職場では、なかなか食べられないおやつも食べられたり。

そして、意外と集中できるので、職場にいるより眠くなりません。

 

と、メリットばかりかと思いきや、デメリットもありました。

<デメリット>
・外に出ないので、体がなまる
・仕事帰りのショッピングができない
・在宅勤務だけが長く続くと、結構疲れる

とにかく、1日中家の中にいることになりますので、体がだらけます。

出勤すれば、1日7〜8千歩歩くのですが、それが急になくなると、返って体が疲れてしまいます。

お昼休憩を利用して、ちょっと散歩がてら駅前のコンビニまで行ってきたりと、少し動くようにしています。

そして、一番困ったのは、会社帰りのショッピングができないことですね。

業務終了が18時なので、それから着替えて出かけるようになります。

歯磨き粉がない。メーク用のコットンが、綿棒が・・・と、細かい消耗品の買い物は会社帰りにささっと済ませられましたが・・・。

そして、1週間自宅に缶詰状態になると、かなりストレスが溜まります。

ましてや、お子さんがいる方などは、落ち着いて仕事ができないと思われます。

そんなストレスの解消に、週末は出歩いてしまったり・・・。

感染予防にと、企業が派遣社員にも在宅勤務を許可してくれているのに、週末出歩いていたら意味がないな・・・と自己嫌悪に陥ることもありました。

 

まとめ

今のこの状況を経験し、今後の社会の「働き方」が真剣に問われることを期待したいと思います。

正社員ですら在宅勤務不可の企業もたくさんありますし、また、在宅勤務では無理な業種・業務もたくさんあります。

ウイルスに感染しないことはもちろんですが、感染予防を優先した結果、仕事ができなくなり収入が減ってしまう人も増える中、何を一番優先しなければならないのか・・・。

これは、正社員、派遣社員と雇用形態で絞って考えるレベルではないと思います。

今回、私はラッキーだったと思っています。

以前の派遣先だったら、家でできる業務であっても認めてもらえなかったと思います。

また、怪しい方が出なければ、今の派遣先も「派遣社員は対象外」のままだったかもしれません。

いずれにしても、もうしばらく在宅勤務は続きそうです。

 

次の派遣先との面談では、今回のこのコロナ影響を踏まえて、万が一の時は在宅勤務を許可するのかを事前に確認したいと思います。

 

みなさま、どうか体に気をつけて。

命はひとつしかありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました