自分が一番忙しい!

派遣社員として

こんばんは

ふくここです。

 

どの職場にも「自分が一番忙しい!」オーラを出して、

仕事をしている人っていませんか?

 

大抵の場合、そのような方は、大して仕事をしていません。

正直、能力もありません。

 

恐らく、自分でもわかっているはずです。

そのような「劣等感」があるが故、

大して仕事していなくても、

また、大した仕事をしていなくても、

『自分はできるんだ!忙しいんだ!』と自らアピールするのです。

 

私は、このような方がとても嫌いでした。

 

そもそも、忙しい時は「忙しい」ってアピールする暇もないからです。

自分のことについて、なんだかんだ言える暇もないからです。

 

だから、アピールできる人は、忙しくないと思います。

それは、今でも思いますが・・・

 

最近、ちょっと見方が変わりました。

なぜかと言うと、「忙しい」という基準は、

人それぞれだからです。

 

その人にとって、自分の能力MAXで頑張っているなら、

それはそれでいいのでは?と思うようになりました。

 

例えばそれが、私の能力と比べてみたら、

10分の1程度だったとしても、

当の本人は、必死で頑張ってるのかもしれない・・・。

 

仕事の残りが、自分に回ってくることもあります。

 

自分が10できることが、その人には2しか出来ない。

それなのに、自分は忙しいんだ!と大威張り。

 

確かにむかつくんですけどね(笑)

言わせておけばいいんですよ。

 

そして、人と自分を比べないことも大事だと思います。

 

時々、大して仕事ができない人の悪口大会になったりして、

「あの人、全然仕事していないのに、

時給そんなに変わらないなんて・・・超腹立つ!」

 

と言う人がいます。

 

以前の私だったら同じこと言っていたかもしれません(笑)

 

でも今は、人はみんな凸凹だと思っています。

お互い様なんですよ!

 

私にも、できないことはたくさんあります。

そして、そのできないことをしてくれる人がいます。

 

たまたま、同じ事での能力の差で見ただけ。

その人の、ほんの一部だけで、

全部を評価するなんて、あまりにも失礼ですよね。

 

逆に、自分がそうされたら、めっちゃいやですもん!

 

人には、得意・不得意があって当たり前。

得意な事で、誰かを助け、

不得意な事は誰かに助けてもらう。

 

持ちつ持たれつなんですよ。

 

それが、職場という空間に限定されてしまうと、

視野も狭くなって忘れてしまうんですよね。

 

確かに、職場では、仕事の能力によって報酬をいただいているわけで、

その根源となる「能力」がないと言うのは問題です。

 

会社にとって、不利益な人材であれば、

いずれはリストラされることもあると思います。

ですので、まずは自分がそうならないよう、

常にスキルアップの努力をすることは大切です。

それこそ、人の評価や悪口を言っている場合ではないのです。

 

人には人の考えや想いがあります。

その人の人生があります。

それを、他人である自分がとやかく言う筋合いもないし、

言われる筋合いもないのです。

 

だから私は、忙しいアピールする人がいても、

今は見方を変えて、ムカムカも、イライラもしなくなりました。

 

自分のやるべきことを、やるだけです。

 

 

では、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました