【リーダーシップ】指導する時に気を付けること

幸せに生きる道

こんにちは

ふくここです。

 

今日は、派遣についてではないのですが、派遣にとっても、関わりのあるお話です。

 

通常、派遣で勤務すると、必ず派遣先には「指揮命令者」という方がいらっしゃいます。

早い話が、直属の上司ですね。

 

このブログを読んで下さっている方は、恐らく「派遣社員」として働いている方だと思うので、自分が上司の立場になることはないかもしれません。

ですので、部下の立場として「あるある」ネタで読んでいただければと思います。

 

今日のテーマは「リーダーシップ」です。

残念ながら、日本の企業におけるリーダーシップって、ほとんど「アホ」です(笑)

日本の社会システムがよろしくないと思います。

 

どの点が「アホ」かと言うと、リーダーは”導く事”と思っている人が多いからです。

確かに、上に立つ人は、下の者を指導したり、導く必要はあります。

ただ、その導き方が「アホ」なんですね(笑)

 

ここで、視点を変えてみましょう。

みなさんは、どんな時に「やる気」って出ますか?

褒められると嬉しくて、仕事頑張っちゃいます?

負けず嫌いな性格だから、ダメだしされると頑張っちゃいます?(ちなみに私は後者です・・・)

 

自分が好きな上司って、どんな人って考えると、自分の事を理解してくれていて、なぜか自然にやる気が湧いてきてしまう・・・

そんな人だったりしませんか?

 

よく「管理職」って言いますが、何を管理するのでしょうね。

私は、個人の特性を管理するんじゃないかと思うんです。

 

人それぞれ、みんな感性が違います。

価値観も違います。

やる気スイッチの場所も違います(笑)

 

そういった特性を把握し、管理して、部下を自然にやる気にさせる。

それが、リーダーシップだと思います。

 

どんな職場にも、必ずプロジェクトってあります。

ルーティンワークでも、1日の工数ってあると思います。

上司は部下に、その目標を達成してもらいたいわけなので、部下のやる気を削ぐような指導をしてどーするのさ・・・(しかし、こんな上司が圧倒的に多い!)

 

私は、今までの社会人人生で、幸運にも上司には恵まれて来ました。

時には褒めてくれ、時にはダメ出しをされ、程よく私のやる気スイッチを押してくれる方が多かったです。

時々「ん?なんだか私、踊らされてる?笑」と感じた事もありましたが、そのくらいでいいと思います。

 

「今日はちょっと忙しいけど、頑張ったら、帰宅後のビールが美味いぞー」なんて言う上司もいましたね。

後輩派遣社員の指導をする事がある場合も、同様だと私は思って、今まで指導して来ました。

基本、必要以上のコミュニケーションは取らないタイプなのですが、指導にあたる際は、結構観察しますね(笑)

そして、カメレオンになったつもりで、その人に適した指導をするように心がけています。

 

ということで、リーダーという指導者は、結局カメレオンだと言う事になりましたね(笑)

部下を指導できずに困ってる管理職の方、参考になれば幸いです。

カメレオンですよ・・・

 

では、また。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました