応募要件の「尚可」に気をつけて!

派遣のお仕事

こんにちは。ふくここです。

派遣に限らず、仕事を探している時、

みなさんは、どんなところに注目しますか?

つまり、どんな条件を優先させますか?

 

時給・月給の金額ですか?

勤務地ですか?

会社の規模ですか?

 

今回は、私がいままでエントリーしてきた中で、

ふくここ
ふくここ

え?これってどーゆー事?

特に強く感じた出来事をご紹介します。

 

スポンサーリンク

応募要件の落とし穴

私が仕事を探す時は、上記に挙げた項目はもちろんですが、

仕事の内容にも注目します。(当たり前ですが・・・)

 

そして、募集案件には、必ずモデルがあります。

ふくここ
ふくここ

早い話が「こういう人が欲しい」ということ。

それが「応募要件」というものです。

 

「応募要件」とは・・・

この仕事をするために、最低限必要とされている条件のことです。

 

例えば

・4大卒以上

・要普通自動車免許

・TOEICスコアー○○○点以上 とか・・・

 

そして、そこでよく目にするのが「尚可」という文字です。

 

「尚可」とななにぞや?

「尚可」とは、

求人において、募集している職に必須ではないが、満たしていれば「尚可し(なおよし)」とされている任意条件を意味する語。一般にこの条件を満たせば選考の際に有利になり、「歓迎」されると明記されている場合もある。(参考:weblio)

と言う事で、必須ではないが満たしていると歓迎されるらしいです。

しかし、私の経験上からいえば、「尚可」は、ほぼ「必須」であることが多いです。

 

私は、フランス語ができるので、

フランス語を使用した仕事を探していた時がありました。

その時の応募要件に、

フランス語:ビジネスレベル、英語できたら尚可

というようなことが書いてありました。

つまり、この仕事はフランス語がビジネスレベルである事が条件であり、

英語は「できたらいいけれど、必須ではない」という意味(のはず)です。

 

しかし、いざ面接すると、フランス語のレベルより、

英語のレベルについての質問ばかりされました。

 

英語は、英文メールならどうにかできますが、会話はできません。

(口から出てくるのがフランス語になります・・・)

 

フランス語がビジネスレベルであることが、絶対的必要なスキルであり、

それは十分に満たされているのですが、結局のところ、

英語も同等のレベルを求められます。

 

それなら最初から、

フランス語:ビジネスレベル/英語:ビジネスレベル

と記載すれば良いと思いませんか?

なぜ、このようなことをするのでしょう。

 

答えは、たくさんの人に応募してもらいたいからです。

 

採用側も真剣勝負

応募する側としては、なんとなく「騙された!」と思わなくもありませんが、

求人広告を出すだけでも、コストってかかります。

お金をかけて、会社は求人広告を出すわけですから、

より「モデル」に近い人材を、多くの応募者の中から見つけたいのです。

 

「フランス語、英語ともビジネスレベル」のすごい方も、

実は案外いらっしゃいます。

 

しかし、一見居なそうなイメージがあるのか、

応募資格の敷居を下げているのです。

 

ふくここ
ふくここ

私のように英語ができない人が、まんまと罠にハマり、応募してしまうんですよね・・・。

義務教育で習ってきたんだから、英語はできて当たり前。

その次に第二外国語でしょ?という風潮もどうかと思います。

そもそも、日本の英語教育なんて!

と、愚痴はおいといて・・・(汗)

 

この他にも、「尚可」で何度か同じ経験をしました。

ですので、応募要件にある「尚可」の条件は、

むしろ必須条件だと捉えた方が良いかと思います。

 

「尚可」の条件に当てはまらない時は?

気になる仕事があった!

一応「応募要件」は満たしているものの、この「尚可」だけない・・・

といった場合はどうしたらよいのでしょう?

 

とりあえず、チャレンジしましょう!

 

えいえいおー!

 

さっきから、「尚可」の条件も必須ですよ!と言っておりますが、

定義上はあくまでも「任意条件」です。

「尚可」の条件以外で自信があるスキルがあれば、

当たり前ですが、そこを猛烈にアピールすればいいのです。

 

ちなみに、私はTOEICの点数など一切もっていませんが、

「TOEIC650点以上」という応募要件に応募していますよ。

私には「貿易事務」の実務経験が豊富にあるし、

実際に英文メールでのやり取りをしてきた経験があるからです。

 

それでも念には念を入れて、事前にどの程度必要なのか確認してみるといいですね。

いずれにしても、気になる案件には、積極的に挑んだ方が良いと思います。

 

まとめ

どんな仕事もやってみないと分かりません。

TOEICの点数が条件になっていたからといっても、

英語を使うのはほんの少しの業務しかない時だってあります。

 

応募要項は、あくまでも採用したい最高レベルの条件です。

しかし、最終的に面談するのは「人対人」なのです。

この人が職場に来たら・・・という観点も重要視されます。

決してスキルや経験だけではありません。

 

応募要件にちょっと満たなくても、

あなたの人間性を活かす事だって十分にできます。

怯まずに、気になった仕事にはチャレンジしてみてくださいね。

ふくここ
ふくここ

応援してますよー!

 

少しでもお役に立てたら幸いです。

では、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました