【派遣社員】の3年ルール

派遣のお仕事

こんばんは
ふくここです。

派遣社員歴10年のふくここから見た、派遣社員の存在観を、今日は軽く歴史を踏まえてお話しますね。

そもそも、派遣社員って何のために存在しているのでしょう?

私が派遣社員になった頃に、よく耳にした「3年ルール」

まずはこの「3年ルール」について。

バブルがはじけ、超不景気になった昭和末期。

企業は「正社員」を採用できる余裕がありませんでした。

なぜなら、社員を1名雇うとすると、社会保険、労災保険、厚生年金保険などの、
いわゆる「人件費」の負担があります。

仮に年収400万とすると、1名雇うのにかかる保険料の年間負担は440万程度。

そのため、不景気の時は、この「人件費」をいかに減らすかが、企業にとっては重要な課題となります。
(今もあまり変らないと思いますが・・・)

そんな時に雇うのが、アルバイトやパートと言った非正規雇用者。

特別なスキルを要さない業務などを任せる事ができる上、給与は「経費」として計上できるため、大幅なコスト削減となります。

そんな社会的背景より、正社員が採用出来ない場合、仮のポストとしてアウトソーシングを行う。

つまり「派遣社員」を雇うのです。

ただし、元々は正社員に任せる業務を「一時的に」お願いするため、その目安が3年と決められていました。

そして、その3年内に、正社員を雇う事ができなければ、現ポストに就いている人材(派遣社員)を正規雇用する事とされていました。

ですので、過去の派遣社員達は、
「3年派遣社員で働ければ正社員として雇ってもらえる」という状況だったのです。

これも、時と場合と運で、実際にどうなるかは分かりません。

なぜなら、3年経っても正社員として雇える余裕がない企業であれば、3年後に派遣社員すら雇えなくなるからです。

さらに悪質となると、3年間働いた派遣社員の契約を終え、別の派遣社員に新たに3年お願いする・・・という企業も出始めた訳です。

そして、長引く不景気の中、この「派遣社員」という雇用が、どんどん加速して行き、いつの間にか「3年ルール」も無視される傾向となって来ました。

「3年ルール」が無視されると言う事は、誰でも簡単に「派遣社員」として働く事が出来るという事でもあります。

それはなぜか・・・

私が初めて派遣会社に登録した時の事を説明すれば、一目瞭然だと思います。

次回は、この時の事を書いてみたいと思います。

では、また。

派遣なら世界最大級のマンパワーグループ

コメント

タイトルとURLをコピーしました